第7回 異文化コラボレーション研究会 プログラム


日時:2008年1月11日(金)
テーマ:多言語コラボレーションツール
会場:COCON烏丸4F シティラボ内プレゼンテーションルーム
   (京都市下京区四条烏丸下ル水銀屋町620 )
共催:多言語コラボレーションツール研究会(言語グリッドアソシエーション)

交通アクセス:
【京都市バス】「四条烏丸」徒歩すぐ
【地下鉄烏丸線】「四条駅」2番出口 直結
【阪急京都線】「烏丸駅」23番,25番出口 直結

●10時〜12時30分:セッション1(5件) 多言語コミュニケーション基盤
[1] 発表題目:言語グリッドコラボレーションツールの現状と課題
著者名 :○重信智宏(情報通信研究機構 言語グリッドプロジェクト),藤井薫和(和歌山大学システム工学研究科)
[2] 発表題目:異文化コラボレーションのための文化間絵文字変換ツールの開発
著者名 :○神谷尚吾,神田智子(大阪工業大学情報科学部),高崎俊之(特定非営利活動法人パンゲア),CHO Heeryon(京都大学大学院情報学研究科)
[3] 発表題目:協調型機械翻訳システムのためのガイド入力インタフェースの開発
著者名 :○岸田章(関西学院大学大学院理工学研究科),北村泰彦(関西学院大学理工学部)
[4] 発表題目:異文化間コミュニケーションツールAnnoChat3
著者名 : ○藤井薫和(和歌山大学システム工学研究科),吉野 孝(和歌山大学システム工学部/情報通信研究機構 言語グリッドプロジェクト)
[5] 発表題目:子ども国際交流活動を支えるスタッフ向け多言語コミュニケーションツール開発
著者名 :○高崎俊之 (特定非営利活動法人パンゲア)

休憩 12時30分〜14時

●14時〜16時:セッション2(4件) 多言語医療支援
[6] 発表題目:多言語医療受付対話支援システムM3の開発
著者名:○宮部真衣(和歌山大学システム工学研究科),吉野 孝(和歌山大学システム工学部/情報通信研究機構 言語グリッドプロジェクト),重野亜久里(多文化共生センターきょうと)
[7] 発表題目:医療用例多言語対訳収集システムの開発
著者名 :○田淵裕章,北村泰彦 (関西学院大学理工学部)
[8] 発表題目:エージェント支援による医療対話用例収集システムの開発
著者名 :○池田佳泰,成田達哉,北村泰彦(関西学院大学理工学部)
[9] 発表題目:医療分野を対象とした多言語発話収集WebシステムOTOCKERの開発
著者名 :○福島 拓(和歌山大学システム工学部),宮部真衣(和歌山大学システム工学研究科),吉野 孝(和歌山大学システム工学部/情報通信研究機構 言語グリッドプロジェクト),西村竜一(和歌山大学システム工学部),重野亜久里(多文化共生センターきょうと)

休憩 16時〜16時30分

●16時30分〜18時30分:セッション3(4件) 多言語コミュニケーション応用
[10] 発表題目:異文化コラボレーションツール: 多言語NOTA
著者名 :○森本智史(京都大学大学院情報学研究科)
[11] 発表題目:TravoSNS:外国人旅行者支援のための多言語SNSの開発
著者名:○長野優一朗(和歌山大学システム工学部),吉野 孝(和歌山大学システム工学部/情報通信研究機構 言語グリッドプロジェクト)
[12] 発表題目:三次元仮想空間内における多言語チャットコミュニケーション支援
著者名 :○池信克也(和歌山大学システム工学部),吉野 孝(和歌山大学システム工学部/情報通信研究機構 言語グリッドプロジェクト)
[13] 発表題目:Language Grid Playgroundの開発
著者名:○境智史(京都大学大学院情報学研究科),加藤淳一(立命館大学情報理工学部)